太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Pythonで書かれた「trac」にも興味はある。
AJAXを使ったJava製プロジェクトトラッキングツール - TrackIt 1.0.0(MYCOM PC WEB)
The TrackIt teamは14日(米国時間)、TrackItの最新版であるTrackIt 1.0.0を正式に公開した。TrackIt 1.0.0はJavaで実装されたWebベースのプロジェクトトラッキングツール。Webアプリケーションとして動作し、プロジェクトを管理するための各種機能を提供する。(2006/2/16)
MEMO。
トラッキングツールは探してたので、
ちょっと試してみたい。
多分仕事中に堂々と出来る部類の物だし。
あとは、ポータルとかと連携できると嬉しいかな?
最近気になってるんで。
@Blogより、extends Blogの方が俺は好きといってみる単体テスト

@Test でユニットテスト - 新生 JUnit 4.0 公開(MYCOM PC WEB)

JUnit.orgは16日(米国時間)、JUnitの最新版であるJUnit 4.0を公開した。JUnitはJavaで開発されているテストフレームワーム。ユニットテストをおこなうためのフレームワークとして代表的存在。(2006/2/16)
JUnitは大変便利で、いつも活用させてもらってますが、
そうですか、いよいよこいつもAnnotationですか。

正直、アンチアノテーション派な俺にとっては
あまり歓迎できないことですが、これが流れなら仕方ありません。
うぜえんだよと言って使わないわけにもいかんし。

ただ、

これまではクラスを継承したり、命名規則に従ってメソッドを用意する必要があったが、JUnit 4.0ではリスト.1のように@Testアノテーションや@Beforeアノテーションを指定するだけで済んでいる。
とのことですが、メソッドの前に@Testと書くと、どのクラスにも
assert系のメソッドが使えるようになるんですかね?
Eclipseとかのコード補完機能に出るようになるんですかね?
コンパイルエラーの×印がつかないんですかね?
気になるところです。
JUnitイン・アクション JUnitイン・アクション
■ビンセント マソル, テッド ハスティード, Vincent Massol, Ted Husted, クイープ
■3,780円
Amazon.co.jp

Java日記最新版

Mac OS X Serverにも採用されているBlogシステム blojsom 2.29(MYCOM PC WEB)

David Czarnecki氏は1月31日(米国時間)、blojsomの最新版であるblojsom 2.29を公開した。blojsom 2.29 はPerlで実装されたblogシステムであるblosxomを参考にしてJavaで開発されたBlogシステム。AppleのMac OS X Server 10.4 TigerのblogシステムであるWeblog Serverは、このblojsomをベースにしている。(2006/2/7)
blojsomの新バージョンが公開されました。
これ何回か使おうとチャレンジしとるんですが、
  1. 管理者を変更する
  2. ユーザを増やす
といった、要するにユーザ管理が出来ず、常に挫折してました。

しかし、Tigerにまで使われとると言うのに、日本語での情報が少ないのう。
もう少し流行して、JavaWorldとかJAVA Pressとかで特集されたり、
Seaser2とかに取り入れられたりして欲しいものです。

JoSQL1.2登場
風変わりなAPI、JavaのオブジェクトをSQLで操作 - JoSQL 1.2 公開(MYCOM PC WEB)
The JoSQL Projectは26日(米国時間)、JoSQLの最新版となるJoSQL 1.2を公開した。(2006/1/27)
MEMO。
1.0くらいの頃から追いかけてるけど、
使ったことは一度もない。
たまには使わないとな〜。
レビューとかもできないし。
Javaを作った人は、Web2.0をどう思ってるの?
「Javaの生みの親」に聞く「AJAX、LAMP、Ruby on Rails」(CNET Japan)
MEMO。
長いんで、ゆっくり読もう。
Rozen Maven

最近仕事上の都合で、Apache Mavenを触ることになってしまった。
正直、antですらつらい俺にとっては、Mavenは未知の世界。
どうしようかってな話だ。

しかし、仕事で使う以上使うしかない。
最低限なところだけですが、頑張って覚えました。

使うのはMaven1.X
Mavenを使わなきゃならない原因になったアプリの解説を見てみると、
コマンドが

maven
てなってたので、コマンドがmvnだと噂の2.X系ではなさそうです。
とりあえず、会社でMavenを使うにあたって最も面倒な、
プロキシ問題。
普通にMaven使っても、こいつが全部弾きやがる!!

てなわけで、プロキシを通れるように設定する必要があるわけです。

とまぁ、それ以前にインストールもしないとだめか。
インストール自体は、Windowsインストーラ形式があるので楽です。
とりあえずインストールが終わったら、
環境変数MAVEN_HOMEにインストールしたフォルダのパスを設定し、
環境変数Pathに%MAVEN_HOME%¥binを追加しときました。
使ってるのかはわかりませんが。

さて、インストールも終わったし、次はプロキシ問題。
プロキシ問題は、会社のPCからMavenを利用する以上必ず発生するので、
共通設定として設定した方が便利です。
Mavenの共通設定は、ユーザのホームディレクトリに置きます。
Windowsの場合なら、

C:¥Document and Settings¥<ユーザ名>
になりますね。
ここに、build.propertiesなる、Mavenらしさの欠片もない、
凄く汎用性の高そうなプロパティファイルを置きます。

で、このファイルの中に、プロキシサーバの情報を書きます。
maven.proxy.host=プロキシサーバのホスト名
maven.proxy.port=プロキシサーバのポート番号
maven.proxy.username=プロキシサーバのユーザ名
maven.proxy.password=プロキシサーバのパスワード
あと、Mavenが使う、リポジトリ(?)を設定します。
正直理解はしてませんが、とりあえず設定してみました。
maven.repo.remote=http://www.ibiblio.org/maven
で、結局の所、build.propertiesはこうなります。
maven.repo.remote=http://www.ibiblio.org/maven
maven.proxy.host=プロキシサーバのホスト名
maven.proxy.port=プロキシサーバのポート番号
maven.proxy.username=プロキシサーバのユーザ名
maven.proxy.password=プロキシサーバのパスワード
これでよし。早速使ってみましょう。
とりあえず、俺の場合はこれで動きました。

最初の設定は色々面倒な気もしますが、
やってみると意外と楽です。
まぁ、今回は使う側だったのも大きいかもしれませんね。
開発者やってる以上、いずれ使う側から設定する側にまわる、
それは避けられないでしょう。
その時また、苦しんでみたいと思います。

参考文献

エントリの内容とは全く関係ありませんが、
タイトルはコチラからインスパイヤしました。
ローゼンメイデン・トロイメント 第1巻 (初回限定版) ローゼンメイデン・トロイメント 第1巻 (初回限定版)
Rozen Maidenシリーズ
■4,914円
Amazon.co.jp
<%@ page article="JBlooming" %>

JavaらしいJSP実装でリッチコンテンツを - JBlooming 3.4(MYCOM PC WEB)

JBlooming.orgは16日(イタリア時間)、JBlooming Web Development Frameworkの最新版でありまた初の安定版となるJBlooming Web Development Framework 3.4を公開した。(2005/12/19)
MEMO。
「リッチコンテンツ」とはいえ、静的な側面が強い気がする印象です。
記事を見る限りだと、どうもJava回帰を謳っているようで、
確かにサンプルのソースコードはほとんどがJavaソースで埋まっており、
JSPには見えない。
が、それってつまりデザインもJava開発者が行うって事?
それはしんどいですねぇ・・・。

■参考

config.getArticle("Commons Configuration")

設定ファイルはなんでも来い - Jakarta Commons Configuration 1.2公開(MYCOM PC WEB)

The Jakarta Commons Configuration teamは18日(米国時間)、Jakarta Commons Configurationの最新版となるJakarta Commons Configuration 1.2を公開したことを発表した。(2005/12/19)
MEMO。
設定ファイルの形式はいつも悩むんで、
形式にとらわれないというのは楽。
あとは、どの程度共通化が出来るかってことでしょうか。

■参考

-Xlint:unchecked
Javaのバージョンを1.5.0_06にしたあと、ちょっとコンパイル作業をしたら、
#javac hoge.java
注: hoge.java の操作は、未チェックまたは安全ではありません。
注: 詳細については、-Xlint:unchecked オプションを指定して再コンパイルしてください。
と言われてしまった。
なんだろうかと思って調べたら、
どーもGenericsの影響らしく、
List l = new ArrayList();
l.add("sample");
こんなコードを書くとこの警告が出るようになるらしい。
List<String> l = new ArrayList();
l.add("sample");
javacはこれを要求しているのだ。
で、
#javac -Xlint:unchecked hoge.java
こうやってやる。
すると、詳細な警告が出るわけだ。
javac バージョン 確認
javacコマンドの、バージョン確認方法をずっと知らなかった。
javaコマンドの方は-versionで簡単に出来たのに、javacは出来ない。
ウザイ!!

で、色々探した結果、こうだった。
#javac -J-version
java version "1.4.2_09"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.4.2_09-b05)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.4.2_09-b05, mixed mode)
わからんわ!!なんじゃこの-J-って!?

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"