太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Perl備忘録@2007/04/16

Perlで、ファイルサイズを知りたいときは

$size = -s ファイル名;
とする。
例えば、「.¥sample.txt」の場合、
$size = -s "sample.txt";
となります。
これを応用して、バイナリファイルから全データを読み込めます。
こんな感じ。
read BIN,$data, -s ファイル名;

Excel備忘録@2007/03/07

Excel VBAで、用紙の向きを統一したい時に使えるマクロ

Sub 用紙の向きを横に()
    Dim sheet As Object
    For Each sheet In ActiveWorkbook.Worksheets
        sheet.PageSetup.Orientation = xlLandscape
    Next
End Sub
縦にしたい時は、xlLandscapexlPortraitに変更。
シートの「PageSetup」って所に他にも印刷設定があるので、
それを駆使すれば印刷様式を簡単に統一出来るはず。

Perl備忘録@2007/02/27
今日Perlで手に入れた知識。
ややこしすぎて忘れそうなんで。
文字列を式として評価する
eval("12 * 6");
コピーと置換を同時にやる
($コピー先 = $コピー元) =~ /パターン/置換/;
Excel備忘録@2007/02/26

Excelを使ってて、
「これは調べたけど、放っておいたら絶対また忘れる!」
的なことをメモ。

Excel VBAのSplit関数を使い、タブで区切りたいとき
Split(文字列,Chr(9))
Excel VBAでセルに式を入れたいとき
Cells(1,1).Formula = "=B1+C1"

そんなC言語プログラマ(2)

ダメ元で"parse error before character 0241"を検索したら、
「その行のどこかに全角文字が入ってるって意味のエラーだよ」
という事実が思ったよりも載っていて、
インターネットよ有難うと思いながら、「(」に別れを告げました。

そんなC言語プログラマ

#includeと書くべきところを、
#incdlueと書き、エラーを出しまくりました。

Excel VBAの怪奇に触れた。

Excel VBAって、

プロシージャ(引数)
で実行すると、
オブジェクトは、このプロパティまたはメソッドをサポートしていません。
とか言われて、
プロシージャ 引数
だとO.K.とかなんですね。
初めて知りました、と言うか嵌りました。

意味の違いは何?

Excel VBAで、ダブルクリック時に何か特殊なことをしたくなった

Excelを使ってて、セルをダブルクリックした時に何かしたい場合、
シートに対して、
Worksheet_BeforeDoubleClickってイベントを定義します。
例えば以下は、
「セルをダブルクリックすると、
1.セルの内容が空白なら”○”を入れる
2.セルの内容が”○”なら”×”に変える
3.セルの内容が”×”なら空白にする 4.その他の場合、普通に編集モードに切り替え」
と言う処理を施します。
これを、シートに対して定義してやればO.K.

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
    Select Case Target.Value
    Case Empty
        Target.Value = "○"
    Case "○"
        Target.Value = "×"
    Case "×"
        Target.Value = Empty
    Case Else
        Exit Sub
    End Select
    Cancel = True
End Sub

さらに、ブック内にいっぱいシートがあるけど、
どのシートでダブルクリックしても同じような処理をさせたい場合、
ThisWorkBookに対して、
Workbook_SheetBeforeDoubleClickを定義します。
上の例だと、こんな感じ。

Private Sub Workbook_SheetBeforeDoubleClick(ByVal Sh As Object, ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
    Select Case Target.Value
    Case Empty
        Target.Value = "○"
    Case "○"
        Target.Value = "×"
    Case "×"
        Target.Value = Empty
    Case Else
        Exit Sub
    End Select
    Cancel = True
End Sub

CancelをTrueに設定すると、
ダブルクリック時の本来の動作(セルをダブルクリック→編集モード)を、
行わなくなります。

つか、ExcelもVBAとかわかってくると便利になりそうですねぇ。

ページ駆動開発って何だ?実は昔の考え方に戻ってるとかないよね?
Modeling Forum 2006 - Seasarひがやすを氏の提案するページ駆動開発とは?(MYCOMジャーナル)
ページ駆動開発とは、ページ、ようするにHTML画面を起点に開発を実施する手法のこと。HTMLのUIモックをユーザがレビュー、UIモックを正規化してテーブルを設計し、HTMLのidとカラム名を関連づける。HTMLからPageクラスを自動生成し、あとはDAOやロジックの実装となる。(2006/9/15)
MEMO。
ページ駆動開発ってなんでしょうね?
Spring Web Flowとか言うのとの関連性があるのかな?
名前だけだとありそうですけど。

しかし、最近プログラミングをしてないので、
こういったことに頭がついていかない。
まずいなぁ。
せっかく「みんなのPython」買ったんだし、Pythonだけでも頑張らないと。
木星までのレールはあるが、乗り換え案内がないので混迷する開発

これでNetBeansに負けない? 真の統合開発環境を - Eclipse Callisto(MYCOMジャーナル)

The Eclipse Foundationは6月30日(カナダ時間)、「Eclipse Callisto Projects」の初の成果物を公開した。(2006/7/3)
MEMO。
というか、一応Callistoのダウンロードだけは済ませといたんですが、
インストールするかどうかは迷ってます。
理由は「面倒だから」
最近はあまりJavaに触っていないので、
最新技術について行けない感があります。
若干寂しいですが、
そろそろJavaの方も大分肥大化してきたので、
取捨選択して覚えていかなくてはなぁ〜と、
複雑な気分ですなぁ。

ところで、最近Ruby on Rails関連本がドカドカ出てる気がします。
って久しぶりに本屋に行ったらエラく沢山置いてあったんでビビりました。
しかし、Railsというのは、
RailsやChuraのいけてないところ(夏のはぶにっき)

つまり「DB設計が完了した状態から始まる」のです。で、だ。みんなそんなにDB設計さくさく出来るんだ。ふ〜ん、知らなかったよ。じゃあ質問ね。DB設計のインプットは何ですか?(2006-06-17(Sat))
とあるように、
「まずDB設計は終わってる」という状態から始まる、
若干微妙なブツなわけです。
まぁ、それでも十分便利で使えるものだからこそここまで受け入れられたんでしょうが、
微妙に、「欲しい答え」とは離れている気もします。
まぁ、こういった便利ツールに加え、DB設計のための便利な、
「ユースケース検索ツール」
要するに、「こういう場合はこんな設計がオススメ!」的なDBがあれば、
ユースケースを決まったフォーマットで入力すると、
オススメDB設計が出てきて、それを元にDBを設計して後はRailsで・・・みたいな?
Ease of Developmentってのは、Railsみたいなツールじゃなくて、
根本的にはナレッジベース的なものなハズですからね。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"