太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
牛歩@Away3D

今日は、とりあえずAway3Dのドキュメントを、ASDocで作ろう。
asdocの文法って意外とネットに載ってないな。
まぁ、とりあえずカンで打ち込めばほぼわかるしな。

続きを読む >>
Away3Dしてると、ゴーアウェイしたくなる。

最近流行のAS3+3Dということで、Away3Dを試すことに。
Papervision3Dとの違いすら俺にはわからんが、
何となくちょっと便利っぽいような気がするなーという空気を、
note.x見て感じたので。

しかし、かなり手こずるな。
ちょっと敷居が高いかも知れん。
一応、こんにちわ出来るところまで行ったのでブログに載せてみる。
が、最初の例題ですらコンパイル出来ない自体に、
既に萎え萎え感バッチリ。
俺としてはcolladaファイル+テクスチャが読みたいだけなので、
多分Papervision3Dの方が最近先駆者達が多くて楽なはず。

続きを読む >>
新rascut登場も、やっぱり必要英語版。

前々回のエントリで、
「fcshの日本語のせいでrascutが動かないよ〜」
と泣き言を言った後、英語版で起動する方法を発見してメデタシメデタシだったんだが、
その間にrascutの新バージョン0.1.3が出ていた。
Rascut 0.1.3 リリース(subtech - PBD - 虹色センチメンタル)
俺の泣き言に対応して、英語環境で起動するようにしてくれたようだ。
ありがとうございます。

でも対応がLinux環境用なので、

linux 環境では確認。つうか fcsh の時は LANG=C するようにしただけ。win の Flex3 SDK beta でも動くのかな。
残念ながらWindowsでは動きません。
御報告も兼ねて。

続きを読む >>
ベリーシンプルに、rascutやFlashDevelopにFlex 3 SDKベータ2を対応させるメソッドつまり方法。

前回のエントリで、
「日本語化されたfcshのせいでrascutやFlashDevelopがろくに動きゃしねぇ」
と言った話をしたが、さすが集合知の世界。
はてなブックマークのコメントで、
良い感じの解決方法を提示していただきました。
なんでも、

os0x rascut 自分用なら flex.jarのSimpleShell_ja.properties を弄っちゃうとか。
こういう方法があるらしい。
早速試そうかと思ってこのプロパティファイルを探したら、
どうも英語用のプロパティもあるな。
しかも、今までの奴と同じだ。
じゃあ、英語版で起動すればいいんじゃない?
ってことで。

ちなみに、「flex.jar」ではなく「fcsh.jar」でした。
まぁそんな些細なことは良い。
このことを教えてくれたos0xさんに感謝!

続きを読む >>
rascut + Flex 3 SDKベータ2を試すの巻。

追記:もっと簡単で効果的な方法が見つかりました。こちら。

さて、前回のエントリでご紹介したとおり、Flex 3 SDKベータ2における、
fcshの大幅な出力変更により、FlashDevelop3.0.0.0beta3が使えなくなったので、
ちょっと新しく、rascutに乗り換えてみることにした。
rascutってのは、何か色々便利なことをしてくれる、fschのラッパみたいなモノ。

続きを読む >>
Adobe AIRベータ2開始だってさ。結構変わってるよベータだけに。

新しいAIRとFlex3が出たみたいですね。
beta2か。
しかし、AIR完全解説が書籍化されたかと思ったら、
早速内容を嘘にしてくる。ホントAdobeはひどい企業だぜ!!!

続きを読む >>
Webカメラを使うAIRアプリが作れない。否、テストが難しい

AIRで、Webカメラを使うアプリを作ろうとしたんだが、どうにもエラーで止まる。
そして何でだ何でだと迷いまくっていたが、原因がadlだと判明。
何と、adlで起動した場合はエラーになるが、
adtでパッケージしたairファイルなら大丈夫だった。
何それ!?テストしづら!!

うー…ん、これって俺だけ?
それとも、ユーザ名が2バイトな人限定とか?

ちなみに、今回のはカメラ機能のテスト用プチアプリ。
作ろうとしてたものではない。

続きを読む >>
FlashDevelopで、AIRアプリ開発実践

フリーのActioScript開発環境「FlashDevelop」ってのがあるんですが、
コイツが非常に便利です。
コード補完は当然のこと、プロジェクト管理とか、
fcshを使ったビルドとか、充分な機能がついてます。
そこで、今回はこのFlashDevelopを使って、
Adobe AIR用のアプリを試しに動かしてみるところまでを
やってみたいと思います。

続きを読む >>
右から来たラベルを左へ受け流す 〜Life is beautifulの「RSSフィードをMatrix風に視覚化してみた」をテキストエディタだけでパクる(2)〜

さて、RSSフィードをMatrix風に視覚化してみた(Life is beautiful)
をテキストエディタだけで何とか作れたので、ソースを解説していきたいと思います。
今回は、以下の2つのクラスを作りました。

  • ブログのタイトルを表示する、動くラベル
  • 全体を制御するメインクラス
RSSの取得や被ブックマーク数の取得、
取得したデータの表示への落とし込みと言った全体の流れは
メインクラスが担当し、動くラベルの方は文字通りただ動くだけ、
と言う構成です。
本当ならもうちょっと細かくクラス分けして、
オブジェクト指向っぽく作るべきなんでしょうが、
こんなネタのためにそこまで色々やってられません。
何せ、こっちにはGUIオーサリングツールも、
統合開発環境も無いんですから。

続きを読む >>
Life is beautifulの「RSSフィードをMatrix風に視覚化してみた」をテキストエディタだけでパクる

RSSフィードをMatrix風に視覚化してみた(Life is beautiful)
をActionScript3.0で実現しようとして足掻く事、
早20日。ようやく公開できました。
まぁ、問題のほとんどははてなブックマーク数を拾う際の、
crossdomain問題だったんですが。
とりあえず、

  1. RSSを取得してデータとして保持するまで
  2. 被ブックマーク数を取得してデータとして保持するまで
辺りを再利用可能にして、
また他のアイデアに活かしていきましょう。
それから、

今度はオリジナリティーあるネタを作ってみたいです。
iconicon

続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"