太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
DVDで観た映画の感想祭り

最近DVDをレンタルするようになったので、
借りた作品の感想をまとめて書いておく。
最近は面白い映画が少ないので、
DVDは貴重だ。

TSUTAYA online

続きを読む >>
ターミネーター4に出てくるT-800は、明らかにターミネーター1に出てくる奴の3倍強い!

JUGEMテーマ:映画
ターミネーター4を観てきた。
この作品は、今までのターミネーターシリーズの主役だったシュワルツネッガー知事にも、
シュワ、「T4はシリーズ最高」と家族に言われ傷つく (MovieWalker) アーノルド・シュワルツェネッガーは、妻と4人の子供たちと一緒に『ターミネーター4』を見に行ったそうだが、鑑賞後に子供たちから、「これまでのシリーズ作で最高の出来」と言われて自尊心を傷つけられたという。
との評判で、楽しみだった。

そして、実際にかなり面白かった。

続きを読む >>
映画「DRAGONBALL EVOLUTION」の字幕担当は、ホント最悪の仕事をした

もう結構前になるが、ダメだと話題の映画「DRAGONBALL EVOLUTION」を観てきた。
ダメだ駄目だと言われていたが、俺は凄く楽しめた。
で、何処がよかったのかを感想として書きたいのだが、難しい。
なぜなら、全体的に良かったからだ。
なので、あえて悪かった所を書く。
で、「それ以外はよかった」と言う事にしよう。
悪かった所は次の3つ。映画が悪いのは2つで、残り1つは映画の所為じゃない。
字幕つけた馬鹿の所為だ。

  • 短すぎる
  • ナマステ
  • 字幕を書いた奴が原作に囚われすぎ、サイテーのクソ訳をしてしまった
詳細を述べていく。

続きを読む >>
映画「デトロイト・メタル・シティ」は良く出来た青春グラフィティ!

映画版の「デトロイト・メタル・シティ」が話題になった影響で、
漫画版を全館読む機械があったので全部読んだ上で映画を観てきた。
そしたら、原作のシーンを結構ちゃんと再現しつつも、なんか凄くちゃんとした青春映画っぽくなってて、
監督凄いなと痛感した。

でも、もう続編は無いだろうというラストだった。
凄い放置エンディングだったし。

ところで、最近雑誌で見る最新のDMCからは輝きが感じられない。
サタニック・エンペラー終了時にスパッと終わるべきだった。
クラウザーI世編も最後尻切れトンボだったし。

続きを読む >>
おっぱいバレーのサイトのURLが・・・

綾瀬はるか主演の「おっぱいバレー」なる作品ですが、URLが「http://wwws.warnerbros.co.jp/opv/」なのがウケました。
opvってどんな略し方だよ!

映画「ドラゴン・キングダム」は本当は「Forbidden Kingdam」なんだぜ!

ジャッキー・チェンとジェット・リーが夢の競演を果たした映画「ドラゴン・キングダム」観てきました。
でも予想以上にB級でしたね。
主人公が意外と頑張ってて、ジャッキーとジェットがあまり活躍出来なかったのが不満でした。
しかも、主人公・ジャッキー・ジェットだけでも多いのに、孫悟空までいたので各々の戦闘シーンが短く、
ちょっと消化不良でした。

どうでもいいけど、ジェット・リーがあまり喋らないのはやっぱり下手だからなのかな?

続きを読む >>
映画「ハプニング」は、ホント厭な気分なる映画だ!

エムナイトシャマラン監督の最新作、「ハプニング」を先行上映で観ました。
夜に観たんですが、何だあれ?
もうどうしようもない気分になりました。
何か救われない感じ?
貞子級にわかりやすく恐ろしいクリーチャーが出て来るわけでもなく、
何となく人がバタバタ死んでいくというのがもうげんなりしますね。
そう、怖いというよりげんなり感が強く残る作品でした。

続きを読む >>
映画「ランボー 最後の戦場」は、ビックリする程グロイ!

インディジョーンズと同様に久しぶりに登場してきた、ランボー最新作。
正直他の作品観た事ないし、最初のランボーがテレビでやってたときも途中で飽きてみるの止めましたが、
折角なので映画観てきました。
したらグロイの。引くわ。
今回はビルマの現状を世界に知らせるためのドキュメントとしての色が濃いらしいですが、
ちょっとリアル志向過ぎて一般受けしなさそうでした。

続きを読む >>
映画「インディージョーンズ クリスタルスカルの王国」と言うかX-FILEですよね?

話題の映画、インディージョーンズ最新作も勿論観ました。
しかも、先行上映で。
ただ、ちょっと思ったのが、あらかじめレイダースを観ておくべきだったという事。
懐かしのレイダース登場キャラクターも出てきてましたが、正直「誰?」と思いましたね。
それから冒頭の倉庫も、レイダースのラストに出てきた倉庫だった事を、後でレイダース観て知ったし。
あと、懐かしのキャラと思いきや新キャラみたいなのも沢山いたので、その辺りを押さえないと混乱するかもです。

続きを読む >>
映画「少林少女」は、まるで宗教映画!

「相棒」に続いて少林少女の感想を。
この映画、もっとスケール満点迫力満点なのかと思ったら、意外とこじんまりしてました。
あと、予想以上に普通の青春映画でしたね。

続きを読む >>

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"