太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Google法務責任者の顔が、既に俺たちを馬鹿にしている。

ストリートビューのプライバシー問題に関する、Googleの法務責任者のお話。
まず、この顔写真が良くない。上から目線で、日本人をなめてる。
また、回答が駄目。日本人を完全になめてる。

まずこれ。

われわれはオプトアウト(撮影・公開した後、問題があれば通知してもらい、削除する)の方がより重要で効率的な方法だと思っている。
この勝手な言い分。
自分たちにとって効率的だという理由で、他人のプライバシーを平気で侵害しますよと宣言している。
また、私道に勝手に入っている事からも、自分たちにとって効率的だという理由で、法律も無視しますよと宣言しているも同じだ。

で、これ。

車に「撮影中」と書いてあっても、外出中に自宅が撮影されてしまったら意味がない。
しかし、家に居れば撮影中だとわかる。
その時点で通知をすればよいようにすれば良いのだ。
外出中の人にとっては意味が無くても、そうでない人にとっては意味がある。
念のため両方やる
と言う姿勢が無いGoogleは、やはり利己的といえる。

次これ。

ミスで私道に入ってしまった場合は申告してもらえれば削除する。Googleマップにも、ユーザーが私道の情報を追加してほしい。
これはつまり、
俺達は怒られない限り何度でも貴様らの家に勝手に侵入するし、謝りもしない。
嫌なら俺たちのルールに従って申告しろ
と言うこと。全く歩み寄りの姿勢が無い。

これも。

カメラ位置を低くするという選択肢もあるが、そうした場合は人の顔がより多く写ってしまう恐れもある。
カメラが高い→家の中まで見えるので問題有
カメラが低い→人の顔が写るので問題有
つまり、カメラが高かろうが低かろうが駄目→サービス自体に問題があると言うことでは?

あとこれ。

米国で1件、私道と知らずに通って家を撮影してしまい、削除したケースで、家を撮影されて精神的苦痛を受けたとして、賠償を求める訴訟が起きている。だが写っていた家は今売りに出されており、写真をネットで閲覧できる。一体何が問題だったのだろうか。
ワケの分からんカメラを付けた不気味な車が勝手に入ってきた上にプライバシーを公開され、精神的苦痛を受けたのでもうこの家は嫌だ、と言う理由で家を売り、引っ越したと言う可能性を考慮していない。ユーザのことを一切考えず、自分たちに都合の良いようにしか捕らえてない。

また、削除要請に対して、

電話でも受け付けている。
とのことだが、こちらの記述と矛盾する。
横浜市墓地条例に違反したグーグル社、市の削除要請にも真っ当に応じず
担当者は、メールで図を送れないこともあって、グーグル株式会社に電話で要請しようともしたそうだ。しかし、何回電話してみても、自動応答に番号を選んでいくと人が出る前に電話を切られてしまい、話をすることができなかったという。
本当に電話を受け付けているなら、インタビュー中に電話して削除してみればよかったのだ。
そうすれば事実と分かる。
自分たちにとって輝かしい自慢のデモはやって、都合の悪い事はデモしないと言う利己的な姿勢が分かる。

全体的に見て

改善を検討したい。
改善を検討する。
このような言い方が目立つ。日本的には、これは「何もしない」の言い回しだ。
つまりインタビュアーが「Googleは改善する気が一切無いな」と感じ、この言い回しを使ったのだろう。
また、Googleは
Googleは検索サービスが人気を集めて10年で急激に大きくなった会社。より多くのサービスを展開しようと思えば、システムの多くは自動化し、オンラインサービスという形を取らざるを得ない。
このような、身勝手な主張ばかりしている。
プライバシーに関わる問題なのだから、急激に大きくなろうが関係ない。
しかも、自分たちが多くのサービスを展開したいと言う理由で他人のプライバシーを侵害すると言うのは身勝手だ。
プライバシー問題に対処するために、サービスの展開を遅らせると言う選択肢もあるし、
そもそもストリートビューを止めればいいだけのことだ。

全体的に見て、記者もGoogleの態度に辟易し、半ば絶望しているのではないだろうか?
そのような印象だった。
ただ、やはりGoogleストリートビューは一度潰すべきだと思われる。
その上で、改善点を洗い出してからもう一度やればいい。
現在は時期尚早で、Googleの準備不足だということは明白だ。

しかも、泥棒や盗撮・テロリストなどの反社会的な方々がGoogleストリートビューの撮影者を偽って、
そこら中を撮影し出したら大変だ。
今はそんな事無いと言う反論があるかもしれないが、
あってからでは遅いのだ。Googleストリートビューの撮影車に対しては厳しく臨もう。
奴らが私道に入ったら、出口を塞いですぐ通報だ!

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
from: nanasi   2008/10/16 4:44 PM
削除依頼出したんですが、たとえば居住者かとかの確認なしに、1週間程度で依頼は通りました。なので、バンバン消していけばいいのでは。
from: 太郎(管理者)   2008/10/25 3:12 PM
>nanasi さん
コメントありがとうございます。

>>たとえば居住者かとかの確認なしに、1週間程度で依頼は通りました。
そうなんですか。
じゃあいっその事、見た場所に自動で削除依頼をするサービスでも作ればいいのか。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1679
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"