太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
ウィルスバスター2008は、ハッキリ言ってゴミ!

最近ウィルスバスターを2008にしたんだが、

これが全く使えん!

まず、SpybotやadAwareなどの定番ソフトと競合するらしく、
ウィルスバスター2008のインストール時にこれらを削除させられる。
ウィルスやスパイウェアの対策が1つのソフトで完璧になるわけなどなく、
(1つのソフトだと、どうしても発想が1つになる。トレンドマイクロが気付かず、Spybotが気付く発想もある)
複数種類の防御策を講じる必要があるのに、これはかなりダメな機能だ。

また、迷惑メール対策機能が付いてない。
2007の時は迷惑メールに[MEIWAKU]と付いていたのに、
2008になったらその機能が削除されたようで、
受信フォルダに迷惑メールがたまりまくっている。
こんな目につきやすい部分の重大機能を省くという発想がヤバイ。
明らかに機能がダウンしてるように見えるこの迷惑メール判定機能の削除は、
ウィルスバスター2008のウリである、
ウィルスバスター2007に比べてメモリ使用量50%削減
が、必要な機能を削除しなきゃならない、
言っちゃったがために引っ込みの付かないことになっただけみたいな印象を受ける。
普通の思考があれば、「見えないところの無駄を削ろう」となる筈だ。
それが、毎日見える迷惑メール機能のオミットにまで及ぶと言うコトは、
かなりの非常事態なのだろう。
おそらく、ウィルスバスター2008はただの張子の虎なのではないだろうか?
実は見た目だけの常駐で、内実は何もしてないソフトなんじゃないか?
そんな印象すら与える。

ウィルスバスター2008を買った俺だからこそハッキリと言える!

ウィルスバスター2008は使えないゴミ!

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1632
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"