太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
はてなワールドの流行語は、「うっ ペラペラだ」に違いないと『新しいの』が言ってた。

Second Lifeはてな版? 仮想世界「はてなワールド」β公開

3次元マップ上をアバターで歩き回ってチャットできる「はてなワールド」が公開された。アバター画像は自分で描くことができ、フィールドはGoogle Maps。“ネット的”な発想で、新しいコミュニケーション基盤を築く。(2007年12月13日 16時58分)
Second Lifeのようにバーチャルな3次元世界を動き回ってコミュニケーションできる、
はてなワールド」が始まったらしい。
現状クローズドβで近寄ることは出来ないが、
マップをGoogle Mapから拾ってきていたりして、工夫があって面白い。

しかもはてなは色々なサービスを持ってるから、Second Lifeより面白いサービスが作れそうだ。
はてなブックマークを地図上において、辿り着いたら見られるとか、
はてな匿名ダイアリーの記事も世界中に散らばって配置されそうな気もする。
地図を使って、メッセージを特定の場所に残し、見つけてもらう楽しみと言うのが作られそう。
あと、Yahoo! Pipesみたいなのと連携して(独自サービスでもいいが)、
地図上のある範囲内で交わされた公開チャットとかをRSS配信してみたりとか。
地図があると色々楽しめる。

あと、Google Mapsを使ってるってことで、
Androidと連携して、リアルに今居る場所にアバターを出現させることが出来るかもしれない。
さらに、プライバシーを守るために指定した公開相手しか存在しない世界とかも出来るのか!?
それは凄いな!

すげーやりたい!

ただ、記事中一番気になったのはコレ。

(注:はてなワールドは当初8月下旬のリリースを予定しており、インタビューは8月に行ったものです)
うひー伸びてるな〜。

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1624
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"