太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
Windowsのユーザ名も太郎な俺が、ppmをCUIで動かす方法。[RSSフィードをMatrix風に視覚化しようとしてcrossdomainの壁に阻まれたので足掻く。(2)]

と、言うわけで
RSSフィードをMatrix風に視覚化しようとしてcrossdomainの壁に阻まれたので足掻く。
の続きです。
今回は、xml_proxy.phpっぽいものをPerlで書く話です。
と言うか、書く前に準備して失敗して苦労する話です。
前回、とりあえず頑張ってxml_proxy.cgiを作ってみることになったので、
今回はまず環境準備ってことで、PerlでHTTPクライアントを作るのに
使えそうなライブラリ、「HTTP::Lite」をインストールすることにしました。
ActivePerl使ってるので、モジュールのインストールにはppmを使います。
ところが、かつては簡素で使いやすいCUIだったppmは、
何と日本人には使うどころか起動さえ出来ない、
ダメGUIに生まれ変わってしまっていたのです・・・!

この世紀の改悪に、俺はどう立ち向かうのか!?

■ppmをGUI化した馬鹿は何処のドイツだ!?

と、言うわけで改めまして。
まず、xml_proxy.cgiはPerlで書くので、必要そうなライブラリを手に入れましょう。
今回は、「CGI」と「HTTP::Lite」を使うことにします。
無理なら他のを探しましょう。
と、言うことでまずはppmコマンドでHTTP::Liteのインストールから。
ppmってコマンドラインベースのツールですよね・・・。
>ppm
ppm gui failed: DBI connect('dbname=C:¥DOCUME~1¥太郎¥LOCALS~1¥APPLIC~1/ActiveState/ActivePerl/820/ppm-MSWin32-x86-multi-
thread-5_8.db','',...) failed: unable to open database file(1)
Sit!

なにやら妙なエラーが出て即時終了しました。
調査の結果、次の2点が判明。
  1. 最新のActivePerlでは、ppmはGUIになってる
  2. ユーザ名に2バイト文字が入ってるとエラーで終了
何ということでしょうか・・・。
GUI化されても使い方がわからんし、
俺のXPでのユーザ名は、当然太郎なので2バイト文字です。
どうしようもありません。
調べてみると中には
「ASCIIのみのユーザ名で実行したら出来た」
とかの解決策を上げてるサイトもあります。
そんな面倒なこと出来るか!
俺のXPにはそんなユーザいねぇよ!!

何とか他の方法を探しましょう。
あと、CUIでppmを動かす方法も必要です。

■ppmを起動させる方法

流石この新ppm、日本人の多くが影響を受けているようで、
調べて見たら何とかわかりました。
多かったのは、上に書いたような「ASCIIだけのユーザで使う」でしたが、
ちゃんとした解決策がありました。
それは、

ACTIVEPERL_PPM_HOMEを設定する

と言うもの。
どうやらppmはこの値を見てるらしく、
コイツにASCIIだけのパスをセットすれば、
ちゃんと動くみたいです。
よかったよかった。
と、言うわけで、Perlをインストールしたフォルダに「ppm」ってフォルダを作り、
そこへのパスを環境変数ACTIVEPERL_PPM_HOMEに設定して、
ppmを実行してみると、無事GUIが立ち上がりました。
でも、全く使い方がわかりませんな。
CUI版なら、
ppm>install HTTP::Lite
HTTP::Liteが入るって分かるんですが。

■ppmをCUIで動かす方法

最新のppmはGUIですが、以前どおりのコマンドラインベースで動かす方法がありました。
それが「ppm-shell」。
こうやって使います。
>ppm-shell
ppm 4.01
Copyright (C) 2007 ActiveState Software Inc.  All rights reserved.
ppm>
おー!
出来た出来た。
助かりますねぇ。
では、HTTP::Liteをインストールしてみましょう。
ppm>install HTTP::Lite
Downloading ActiveState Package Repository packlist...not modified
Downloading HTTP-Lite-2.1.6...done
Unpacking HTTP-Lite-2.1.6...done
Generating HTML for HTTP-Lite-2.1.6...done
Updating files in site area...done
   2 files installed
やっほー!
これでHTTP::Liteを使ってxml_proxy.cgiを作れそうです。

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1539
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"