太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
「うどん屋の遺族を、死後70年保護します」的、著作権保護期間問題。

著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱(ITmedia)

作者の死後、著作権は何年間保護するべきか――こんな議論が盛り上がっている。クリエイターの創作意欲を高め、文化を発展させるためには、現行の50年のままでいいのか、70年に延長すべきか。それぞれの立場で議論が行われた。(2006年12月12日 16時18分)
作者が死んだあと、作品の著作権を何年保護すべきか問う議論の話。
まぁ、議論の内容自体はどうでもいいです。
というか、俺はクリエイターの皆さんが、
自分が死んだあと作品が何年守られてるかを気にしてることに驚きです。
自分が生きてるうちに完全燃焼し、
作品に魂をぶつけているのかと思ったら、
死んだあとこの作品は何年間自分のもの・・・!
とか思ってたんですね。

俺がこの記事をネタにしたのは、ここについてです。

「自分の死後、家族の生活を守りたいと思うのは、作家もそば屋やうどん屋の主人も同じ。作家の遺族は著作権法で保護されるが、そば屋・うどん屋の遺族を守ってくれる『そば屋法』や『うどん屋法』はない」(中村さん)

 零士さんはこの意見に対して「そばやうどんと一緒にしてもらっては困る。作家の作品は残るが、そばやうどんは私にも作れる」と反論した。
中村さん・・・慶応大学教授の中村伊知哉氏
零士さん・・・漫画家の松本零士氏
です。

この、松本零士氏の発言はどうなんでしょうね?
俺としては、

ふざけんな!

て感じなんですが。
「うどんやそばは自分にも作れる。だから作家とうどん・そば屋を一緒にするな」
と言ってますが、

うどん屋のうどんとお前のうどんを一緒にするな!

という声が、全国のうどん屋から聞こえてきそうです。
正直、「松本零士が作るうどん」レベルなんて、
「素人の俺が描く漫画」と大して変わってないと思われます。

うどん屋がうどん屋たりえるのは、
やはりそれなりのレベルのうどんを作れるからであって、
それは漫画家がそれなりの漫画を描いているが故に漫画家と呼ばれるのと
何ら変わらないでしょう。
うどんが誰にでも作れると言うのならば、
今時漫画・小説・エッセイだって誰にでも書けます。
アイドルが書いたほぼ意味の無い日記や、
普通の女の子が小学生の時に書いた詩集が
書籍化されて発売されている時代です。
言ってみれば、「松本零士の手作りうどん!一杯100円!!」が
大人気になるのと同じでしょう。

それなのに、自分がうどんを作れるからという理由で、
うどん屋が死後保護されないのは当然で、
作家が保護されないのはおかしいという理屈は、
流石にぶっ飛びすぎでしょう。
つか、誰か反論しなかったのかな?

いや?待てよ!
もしかして松本零士氏は、こう言いたかったのか?
うどんは誰にでも作れるから、法律で遺族が保護されてない。
漫画だって実際には誰にでも作れる。小説だってそうだ。
それなのに、なぜ保護する?
50年?70年?うどんと同じで誰にでも作れる漫画なんて、保護しなくて良い!

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  うどん屋と同じで、作家の遺族を守る法律なんて
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    全く必要ないんだよ!!
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../  
おおそうか!
一見作者の死後著作権を70年守ろうというふりをしながら、
実際には死後著作権を守る法律そのものを無くそうとしていたのか零士よ!
俺が誤解していたよ〜!

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1406
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"