太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
JSPWikiは凄いんだゾ!

最近、家でPCを使っている時のメモ用にJSPWikiを使っています。
コイツが結構な便利さで、かなり重宝してますよ。
文法が簡単だし、プラグインの追加も楽。
サイコーだ!!
というワケで、今日はこのJSPWikiを使えるようになるまでを解説しましょう。
ちなみに、JavaとTomcatはあらかじめインストールしておいてください。
最新版をダウンロードして「Next」とか「Yes」とかクリックしまくれば
誰でもインストールできるはずです。

■ダウンロード・インストール

■■基本的なインストール
まぁ、インストールではなく「デプロイ」というのが正しいわけですが、
JSPWikiのインストールは大変簡単です。
まず、公式サイトからJSPWikiの最新版を
ダウンロードし、解凍します。
で、出てきたJSPWiki.warをTomcatのwebappフォルダに入れて、Tomcatを起動する。
これでwarファイルが解凍され、JSPWikiフォルダが出来てます。
あとは、(Tomcatのポートが8080なら)「http://localhost:8080/JSPWiki」にアクセスしてみると
ちゃんとWikiが立ち上がっているはず。

■■基本的なファイルを仕込む
初期状態だと、テキスト編集ルールやメインページ、左にあるメニューなど
必要なファイルが全く無く、結構不便な状態です。
そこで、サンプルのWiki用ファイルをあらかじめデータとして置いておき、
それを元にしてWikiを発展させましょう。
サンプルファイルはJSPWiki本体と一緒にダウンロードされてます。
「JSPWiki-samplepages.zip」を解凍し、JSPWikiのデータ用フォルダに入れます。
データ用フォルダは、次に説明する設定を行わなかった場合はC:¥p¥web¥www-data¥jspwiki
にあります。ここに、サンプルのテキストファイルを全部放り込んでTomcatを再起動し、
もう一度JSPWikiにアクセスすると、ちゃんと出来上がったページになっているはず。
あとは、好き勝手に編集しちゃってください。

■設定ファイルをいじる

JSPWikiの設定ファイルを書き換え、動きを便利にしてみましょう。
設定ファイルは/JSPWiki/WEB-INF/jspwiki.propertiesです。

■■データの置き場を変えたい。
JSPWikiの設定を何も変えずに動かすと、Wikiファイルの実データはWindowsの場合
C:¥p¥web¥www-data¥jspwiki以下に置かれます。
しかし、これは残念ながらあまり美しいとはいえない。
そこで、データの置き場を変えましょう。
手順はこんな感じ。
  1. jspwiki.applicationNameに、データを置きたいフォルダを指定する。
    データを${catalina.home}/data/JSPWiki/mywiki/data
    (${catalina.home}はTomcatをインストールしたフォルダ)に置く場合、以下のようになる。
    jspwiki.fileSystemProvider.pageDir = data/JSPWiki/mywiki/data
  2. jspwiki.basicAttachmentProvider.storageDirに、
    Attachしたファイルを置きたいフォルダを指定する。
    Attachしたファイルを${catalina.home}/data/JSPWiki/mywiki/attachment
    に置く場合、以下のようになる。
    jspwiki.basicAttachmentProvider.storageDir = data/JSPWiki/mywiki/attachment
  3. Tomcatを再起動する。
データやAttachしたファイルを置くフォルダを指定する際ですが、
以下のルールに従って記述してください。
  • 絶対パス(/foo/barのように、最初に"/"が来る)指定の場合はC:¥直下にフォルダが作られる。
    (/foo/bar→C:¥foo¥bar)
  • 相対パス(foo/barのように、最初に"/"が来ない)指定の場合は
    Tomcatインストールフォルダ以下にフォルダが作られる。(foo/bar→${catalina.home}/foo/bar)

■■テンプレートを変更したい
JSPWikiのデフォルトの外観はお世辞にも美しいとは言い難いですよね。
そこで、JSPWikiの外観であるテンプレートを変更したいとなるわけです。
JSPWikiのサイトには幾つかテンプレートがありますから、それをダウンロードして
以下のような感じで設定してやればいいわけです。
  1. /JSPWiki/templates以下にテンプレート用のフォルダを置く。
  2. jspwiki.templateDirの値をテンプレート用フォルダ名に変更する。
    テンプレート用フォルダ名が「newTemplate」の場合、以下のようになる。
    jspwiki.templateDir = newTemplate
  3. Tomcatを再起動する。

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1187
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"