太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
俺的”美しい生活”のためにUIEngineを試そう。(5):統合SDK出来てた

以前のエントリで、「UIE Developer2.0をEclipseに統合した」と書いたんですが、
気付いたらUIE Japanの方に「UIE SDKを日本語でお使いいただく方法(暫定)」と題して、
UIE DeveloperをEclipseと統合する方法と、統合用のファイルが置いてありました。
まぁ、コレで俺がやった統合が問題ないことが証明されたカタチですが、
この後出しジャンケン的手法にはちょっとビックリ。
コレもひとえに、俺が暴走したおかげだと、一人で思っておきましょう。

しかし、ここでUIE Japanに負けてもいられないので、
俺は一歩進んで、エディタの変え方をご紹介しましょう。

まず、統合の方法が俺とちょっと違ったんで、
俺のやった統合方法を紹介。

俺の場合は、All In One Eclipseを使ったところまでは同じですが、
その後が違う。
とりあえず本体のほうを汚染しないように、「自分専用のプラグインフォルダ(EclipseWiki)」を参考に、
UIE Developer専用のプラグインフォルダ「uiengine」を作成しました。
で、そこに「plugins」「features」の2フォルダをコピー(下図)。

で、このuiengine¥eclipseフォルダ(図で選択されているフォルダ)に、
以下の内容のファイル「.eclipseextension」を作成。
name=UIEDeveloper20b
id=jp.co.uievolution
version=2.0.0
ちなみに、この内容は全部俺が決めてます。
なので、これが納得いかないようでしたら好きな内容でどうぞ。
別に
name=MyUIEngine
id=hoge.foo.bar
version=200
でも問題ないと思います。

次に、Eclipseを起動し、「ヘルプ(H)⇒ソフトウェア更新(S)⇒構成の管理(M)」を選択。

すると、製品構成ダイアログが現れます。
そこで、「拡張ロケーションの追加」をクリックし、
先ほどの「uiengine¥eclipse」フォルダを追加します。
すると、Eclipseの再起動を促されるので、とりあえず「はい」で
Eclipseを再起動します。
これでUIE Developer2.0.0の機能を利用できるようになります。
削除するときは、
  1. 構成の管理で、UIE Developerを使用不可にする
  2. フォルダを削除する
と言う手順を踏まないと、Eclipseが起動しなくなるので注意してください。

さて、俺がUIE Developerに対してもっとも不満だった、
ダッサイエディタを、All In One Eclipseに入っていたXMLエディタと取り替えましょう。
「ウィンドウ(W)⇒設定(P)」で設定ダイアログを開き、
「一般/コンテンツタイプ」を選択します。

で、 右側の「コンテンツ・タイプ」から、
「テキスト」以下にある「XML(不整形式)」と「XML」をそれぞれ選択し、
以下の拡張子を追加します。
  • .ujbc
  • .ujmc
  • .ujmi
  • .ujml
  • .ujms
  • .ujmx
正直、俺はこの拡張子のうち、.ujbc(バイトコード)と
.ujms(ステートマシン用ファイル)と.ujml(本体)位しか知りませんし、
「XML(不整形式)」と「XML」の違いも知りません。
なので、この辺を理解している人は適宜必要な拡張子を必要な場所に追加してください。
そして、出来ればコメントとかで教えてください。

さて、ここまでが終了したら、UJMLファイルをXMLエディタで操作出来ます。
パッケージエクスプローラでujmlファイルを右クリック、
「アプリケーションから開く(H)」の一覧に、XMLエディターがあるはずです。
それを開くと、XMLエディターでUJMLファイルを操作できるようになります。

なお、Eclipseの設定で「ファイルの関連付け」から
UJMLファイルにXMLエディターを関連付けると、
開いたときに「コンテンツ・タイプが〜」とか言われる筈です。
この場合、XMLエディターの機能が全く使えず、
単なるメモ帳レベルになってしまうのでご注意を。

スポンサーサイト
- | 個別記事 | - | -
ドミノ・ピザでも食べながら、コメントをどうぞ。
from: UIEngineだ   2006/04/21 6:49 PM
参考にさせてもらいました。
from: 太郎(管理者)   2006/04/23 4:04 PM
いやいや、俺の方こそいつも参考にさせていただいてますから。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL(記事と無関係なトラックバックは削除される可能性があります)
※記事が投稿されてから30分の間、トラックバックを行うことが出来ません。
http://tarotaro.jugem.cc/trackback/1185
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"