太郎日記’79J

「やったろうやないの。」な太郎のblog
技術ネタはタロタローグに任せて、こっちはニュースメインで。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
MySQLによるタフなサイトの作り方
MySQLによるタフなサイトの作り方 (JUGEMレビュー »)
佐藤 真人,桑野 章弘,岡田 達典,大黒 圭祐
MySQLだけでなく、DBサーバやアプリの設計など、あらゆる手段を使ってタフなサイトを作る本である
最新記事
あわせて読みたい
あわせて読みたい
なかのひと
ClusterMaps
CM by JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 個別記事 | - | -
俺はまだまだ知らない事だらけだ。的Windows Tips:FTP編
最近は、仕事で何でもやってます。
例えば、FTPでサーバからファイルを奪取してくる方法。
俺は知らなかったんですが、Windowsのftpコマンドって、
テキストファイルを受け取って動くんですね。
#ftp -s:<テキストファイル名>
テキストファイルの内容は、
open サーバ名orIPアドレス
ユーザ名
パスワード
やりたいコマンド羅列
こんな感じ。
俺の知らないWindowsの世界は、まだまだ奥深く広がってるなぁ。
ちなみに、ファイルを奪取する時は、 ファイルが1個だけなら
get <ファイル名>
ファイルが沢山あるなら、まずは
prompt off
で確認モードをオフにしてから、
mget <ワイルドカード付ファイル名>
を使います。
便利だ〜。
トーモゥ…tommorowか!?
Yahoo! Widgetsが今日新しくなったので再インストールしたが、
気付くと俺が便利に使ってた幾つかのWidgetが消滅してた。
それに腹を立て、Yahoo! Widgetsをアンインストールした時の、
最初のメッセージ(アンインストール確認)がこちら。
可愛さアピールしてもダメ!
続きを読む >>
All-In-One-Tracは便利だ:プロジェクトの新規作成

プロジェクト管理に、Tracを色々と使っています。
といってもまだ個人で使っているだけですが。
(本当はプロジェクトで使いたいんですが、サーバになるマシンが無い;-<)
で、自分が躓いた部分をTips的にメモっておこうかと。

まずはこれ。
プロジェクト(Tracの管理単位)を新しく作る方法。
まぁ、ここ(All-In-One Project)を見れば書いてあるんですが。

  1. コマンドプロンプトを開く
  2. All-In-One-Tracの管理スクリプトがあるフォルダに移動。
    #cd <All-In-One-Tracをインストールしたフォルダ>¥admin¥trac
  3. プロジェクトを作成するスクリプトを起動。
    #create-trac-env <プロジェクト名> <プロジェクトID>
これで新規プロジェクトが出来てるんで、トップからアクセスするかプロジェクトIDでアクセスできます。
例えば、Tracのプロジェクト一覧が「http://localhost/projects」にあるとして、
プロジェクト名を「太郎プロジェクト’79J」に、プロジェクトIDを「tarotaro」にすると、
「http://localhost/projects/tarotaro/」で、太郎プロジェクト’79Jにアクセスできます。

要件追跡システムTracにも、全部入りがあったとは。
以前から気になっていた、Pythonで書かれたプロジェクト管理ツール「Trac」ですが、
なんと、「All-In-One-Trac」なる、お手軽セットがありました。
早速実験。

ヤバイTrac楽しい!!
ていうか、日本語対応があったことも知らなかったし、
全然遅れてました!
これからはこのお手軽さを楽しもう。
ただ、Apacheをコマンドプロンプトで動かしているなど、
「お手軽さ」をかなり意識した作りになってるので、
その辺考えて色々調節していこう。
AJAXも結構足踏みしてる気がする。

AJAXによるサーバサイドJavaとの連携を容易にする - DWR 1.1 RC1公開(MYCOM PC WEB)

The DWR Projectは2月20日(英国時間)、DWRの最新版となるDWR 1.1 Release Candidate 1を公開した。DWR(Direct Web Remoting) 1.1 Release Candidate 1はWebアプリケーション開発において容易にAJAXを実現できるようにするためにJavaで実装されたサーバサイドライブラリ。サーバサイドでWeb アプリケーションとして動作する。 (2006/3/7)
AJAXに関するMEMO。
現状のAJAX事情には若干遅れてる気もしますが、
俺の予想ではAJAXに対してはFlashみたいなIDEが出てきて、
JavaScriptのコード量は大分減るんじゃないでしょうかね?
もしくは、それこそFlash Playerの機能をブラウザが標準搭載する時代が
いずれやってきてもおかしくないと思います。

そう考えると、今一生懸命にJavaScriptコードの書き方を勉強する必要は
ないと言う気もしますが、一方で俺のこの予想を実現すべく、
何か作りつつ、ブログで記事を進めていくと言う路線もあるんですよねえ。

iconicon Macromedia Flash Professional 8 icon
LicenseOnline Adobe製品ストア

Webブラウザは有能なクライアントソフトである。

ウェブブラウザからJavaScriptでSQLを設計 - WWW SQL Designer(MYCOM PC WEB)

4日(現地時間)、WWW SQL Designerの最初のメジャーリリースとなるWWW SQL Designer version 1.0が公開された。WWW SQL Designer 1.0はWebブラウザからデータベースの設計を行うことができるアプリケーション。(2005/10/6)
これはすごい。
何だコリャ!?と、素直に驚くしかないすごさだ。
何がすごいって、このデザイナーのUI。これがWebブラウザの上で普通に動いてるってのがすごい。
むかし付箋みたいにでかいキャンバスの上の何処にでもコメントできる掲示板があって、これはそれに近いけど、こんなものよく作ったなぁって気がする。
これなら、俺の卒論より断然すごいぞ。
俺の卒論もこんな感じのドロー系だったから、ちょっと移植してみようかな。丁度3連休だし。

いや連休は勉強しろよ俺。

参考:

WWW SQL Designer
MEMO テーブルコピー
INSERT INTO TABLE_A SELECT * FROM TABLE_B;
とすると、TABLE_BからTABLE_Aに全データがコピーされる。(TABLE_AとTABLE_Bの構造は同じとする。)
ちょっと発展させて、
ISNERT INTO TABLE_A (col1,col2,col3) SELECT col1,col5,col7 FROM TABLE_B;
とすると、TABLE_A.col1にTABLE_B.col1が、TABLE_A.col2にTABLE_B.col5が、TABLE_A.col3にTABLE_B.col7がコピーされる。
こんなことも知らなかったとは、これでよくDBを知った気になっていたものだ。
SmartEiffel更新
SmartEiffelの最新版、2.1のfinal release版が出ていた。知らぬ間に、exe形式のインストーラが付属している。便利なのはいいが、lcc-win32コンパイラを何としてもインストールさせようとしてくる。これが若干鬱陶しいかな。
先走りすぎだ!
BREW4.xも」クアルコム松本社長インタビューがインターネットマガジンにて(2/6)(ランドッグ・オーグ平野正喜事務所)
既報「インターネットマガジン10周年記念号付録CD-ROMに当方執筆分収録(10/12)」などでもお知らせの通り、インターネットマガジンには過去2回、書かせてもらっています。
BREWの最新状況に加えて、「近い将来」となってきたBREW4.xについて、そして
まだ3.1ですら日本語版ないのに、もう4.xの話が出てるのかBREWよ!もうついて行けんぞ!でも、最近BREWに触れてないので、別にいいけど。むしろ、もっとみんなを苦しめるがいいわ〜!
ハァ〜ッハッハッハッハッハァアア!
ウイーンウイーン

BREWアプリでロボットを操作せよ〜「Pirkus・R」発進(ITmedia)

BREWアプリでロボットを操作せよ〜「Pirkus・R」発進 Bluetoothで遠隔操作できるロボット「Pirkus・R Type-01」が2月に発売される。auの携帯で、BREWアプリを駆使してコントロール可能だ。
HTTP以外の通信も普通に行える、BREWならではのアプリだと解釈しているが、あってるかな?

今はおもちゃ遊びみたいになっているが、これが発展して「家事全般をロボットにやらせる」みたいな話にまで持っていけそうだ。かなり未来のあるプロジェクトだと思う。それだけに、大切に育ててほしいところだ。

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"